日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► 建設・建築・電子入札・用語辞典
用語索引 〔あ〕 〔い〕 〔う〕 〔え〕 〔お〕 〔か〕 〔き〕 〔く〕 〔け〕 〔こ〕 〔さ〕 〔し〕 〔す〕 〔せ〕 〔そ〕 〔た〕 〔ち〕 〔つ〕 〔て〕 〔と〕 〔な〕 〔に〕 〔ぬ〕 〔ね〕 〔の〕 〔は〕 〔ひ〕 〔ふ〕 〔へ〕 〔ほ〕 〔ま〕 〔み〕 〔む〕 〔め〕 〔も〕 〔や〕 〔ゆ〕 〔よ〕 〔ら〕 〔り〕 〔る〕 〔れ〕 〔ろ〕 〔わ〕
▌建設・建築・電子入札・用語辞典
 用語索引 の建設・建築・電子入札・用語辞典検索結果件数:207件中 10 - 20件目
押し目地   おしめじ
目地鏝等で押えて意匠目地を作る事を指す。
押し切り   おしきり
藁を切断する為の道具。切断した藁は荒壁のスサとして使用する。
納まり   おさまり
左官作業を行う箇所での建具、部材の取り付けが寸法通り正確に取り付けてある かを指す。 正確に取り付けてある場合は納まりが良いと言い、その逆は納まりが悪いと言 う。
押え   おさえ
壁面に対して強い力で鏝を動かし、表面にノロを浮かせて仕上げる作業を指す。
送り鏝   おくりこて
送り鏝とは、長い間隔の鏝を通す際に一度手を休め、身体を移動させてから同じ 方向に鏝を動かす仕草を指す。
置き引き   おきびき
蛇腹工法の一種。 現場引きではなく、台に置いて型を引く作業を指す。最初は堅めの石膏で型を引 き、徐々に柔らかい材料で引き、最終的には限りなく水に近い材料で仕上げ引き をする。取り付けはネジで行い、ネジ穴を補修して作業完了となる。 蛇腹。現場引き。
沖縄漆喰   おきなわしっくい
沖縄地方独特の製法で制作された漆喰の事。 海岸に穴を掘って流木やヤシの木を燃やし、落ちている珊瑚を焼いて、海水で消 化された石灰を生成された物。屋根漆喰やシーサー(沖縄の守り神)の作成等で 使われていた。
おが屑   おがくず
木材を加工する際に発生する木材の粉の事を指す。 材料に混和したり、洗い出しの灰汁磨き等に用いられる。
大面   おおめん
出隅部分に大きな面を引く作業、もしくはその大きな面を指す。
大棟   おおむね
大棟とは屋根の最も高い部分の水平の棟を指す。
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.