日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► 建設・建築・電子入札・用語辞典
用語索引 〔あ〕 〔い〕 〔う〕 〔え〕 〔お〕 〔か〕 〔き〕 〔く〕 〔け〕 〔こ〕 〔さ〕 〔し〕 〔す〕 〔せ〕 〔そ〕 〔た〕 〔ち〕 〔つ〕 〔て〕 〔と〕 〔な〕 〔に〕 〔ぬ〕 〔ね〕 〔の〕 〔は〕 〔ひ〕 〔ふ〕 〔へ〕 〔ほ〕 〔ま〕 〔み〕 〔む〕 〔め〕 〔も〕 〔や〕 〔ゆ〕 〔よ〕 〔ら〕 〔り〕 〔る〕 〔れ〕 〔ろ〕 〔わ〕
▌建設・建築・電子入札・用語辞典
 用語索引 の建設・建築・電子入札・用語辞典検索結果件数:43件中 1 - 10件目
法勾配   のりこうばい
護岸や堤防などの斜面の部分の勾配(傾斜、傾き)です。直角三角形の鉛直高さ を1としたときの水平距離がnの場合、1:nと表示します。たとえば1:2は 2割勾配,1:0.5は5分勾配というように特殊な言い方をします。ちなみに、 2割勾配は5分勾配よりも緩やかです。
ノロ   のろ
セメント、石膏、漆喰、土等の材料を施工時、壁面に浮き出てくるペースト状の 物。もしくは上記の材料に骨材を入れずに練り混ぜた物を指す事もある。
糊土鏝   のりつちごて
色土糊差し仕上げに用いられる、粘りと腰の強さを併せ持った鏝。 形状は仕上げ鏝に似ているが、材質がとても良く、肉厚は薄く弾力性がある。 最近は、安価なプラスチック鏝や薄手の角鏝で代用される事が多い。﷯
野丁場   のちょうば
ビルやマンション、大型施設等、大掛かりな工事及び作業場の事を指す。 左官工事では薄塗り補修、モルタル仕上げがメインである。 反対に住宅等、小規模の作業場の事を町場を呼ぶ。
法切り   のりきり
切取りにおいて、切り崩されたのり面を削り所定の勾配に仕上げること。
野づら石   のづらいし
人工を加えない天然のままの石で石積に適した形を持つ石を言う。一般には控え の長さが20cm以上で、へん平でないことが必要である。
登り窯   のぼりがま
瓦窯(かわらがま)の一種で瓦を積んで焼き上げる焼成部が階段状にした窯で、 斜面に全長11m、幅1.6mほどのトンネルを30°ほどの傾斜でくりぬいて つくったもの。
熨斗積   のしづみ
熨斗瓦を重ねその上に伏間瓦を載せる棟積みを熨斗積という。台熨斗積、割熨斗 積、雨熨斗積などさまざまな種類がある。
熨斗瓦   のしがわら
棟積みに用いる平瓦で、厚熨斗、薄熨斗、紐熨斗などがある。熨斗瓦は割って使 うので、中心部に割り易いように筋が入っている。
軒丸瓦   のきまるがわら
丸瓦の先に巴がついた瓦で、本瓦葺きの丸瓦の軒先部分や桟瓦の紐丸瓦の軒先で 使われる。軒巴(のきともえ)とも呼ばれるが、最近では軒丸瓦と呼ばれること も多くなってきた。
総ページ数[5]     次の検索結果▶
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2017 nikken-times.com All rights reserved.