日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

アパヴィラホテル、テープカットで開業祝う

5階339室、地下に大浴殿・施工は大林組 マンションとホテルなどの総合都市開発を全国展開するアパグループ(東京都港区赤坂 3−2−3、元谷外志雄代表)が、大阪市中央区農人橋1−1−27で建設を進めていた 「アパヴィラホテル大阪谷町四丁目駅前」がこのほど完成し、18日に関係者ら多数が出 席して開業記念式典が開催された。同ホテルは、地下鉄中央線と谷町線の交差する「谷 町四丁目」駅から徒歩1分に立地し、建物はS、SRC造地下4階地上15階建てで、延 べ床面積は約8,100?の規模を誇る。 【写真:アパヴィラホテルの外観】
客室数は339室で、地下1階には大浴殿「玄要の湯」があり、テナントとして豆富創作料理のレストラン「3 代目茂蔵」、エステサロン「ディスパアリュメール」が入る。また、総合設計制度を利用した一体開発として 同ホテルに隣接して建設を進めている超高層マンション「アップルタワー大阪谷町」(32階建て、全300邸) は8月に完成し、入居が開始される予定。施工はホテル、マンションとも(株)大林組の担当。 開業記念式典には、アパグループの元谷外志雄代表とアパホテル(株)の元谷芙美子社長も出席し、記者会見 で元谷代表は「このホテルは大阪市内で計画している5つのホテルの第1弾となるもの。良いタイミングで事 業ができた」、また元谷社長は「スムーズで効率良いサービスが提供できるホテルとして皆さんに喜んでいた だけるものと確信している」とそれぞれ喜びの気持ちを表した。この後、ホテル正面玄関前でテープカットを 行い、開業を祝福した。 アパグループは、大阪市内で今後2年間に、今回オープンした「アパヴィラホテル大阪谷町四丁目駅前 」を はじめ、5の新規ホテルの開業を予定。今年7月19日に「アパホテル御堂筋本町駅前」、8月7日に「アパホ テル天王寺駅前」が相次いでオープンするのに続き、2007年には「アパヴィラホテル淀屋橋」と「アパホテル 大阪肥後橋駅前」が開業し、大阪市内のホテル数は2ホテルから7ホテルに、客室数は482室から2,531室とな る。 同グループは、現在建設・計画中も含め、全国55カ所で総客室数1万5,000室を超えるホテルを展開。新都市 型ホテルとして、都市型立地(駅前・繁華街)、外観・エントランス・フロント・ロビー周りはシティホテル の感覚で、和風旅館の女将の花ごころのもてなしや、料金はリーズナブルなビジネスホテル料金というコンセ プトで全国展開を進め、アパカード会員数は135万人を数えている。また、同グループは昨年末、西武グルー プから50階建ての「幕張プリンスホテル」(1,001室)を取得し、今年7月1日に「アパホテル&リゾート東 京ベイ幕張(仮称)」としてオープンし、同日「アパグループ35周年大創業祭」を開催する予定。
2006年04月20日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.