日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

海洋協関西、21世紀の海洋工事技術発表会

(社)日本海洋開発建設協会関西支部(本庄正史支部長)では、「21世紀の海 洋工事技術発表会」を28日、大阪市中央区のドーンセンターで開催した。将来 の海洋土木技術への課題に対応した調査研究についてをまとめた冊子の発刊を 機に、同支部海洋工事技術委員会(黒川哲委員長)が主催したもので会員各社 から約90名が参加した。 この発表会は、海洋協本部が今年2月、これからの海洋土木技術の課題を探 り、その課題への対処策についての国内外の事例や調査研究の成果をまとめた 「21世紀の海洋土木技術」と、海洋エネルギーの有効活用についてをまとめた 「21世紀の海洋エネルギー開発技術」の2冊を発刊したことから、これらをテ キストにそれぞれの解説を行ったもの。 発表に先立ち、主催者を代表して挨拶に立った黒川委員長は、周囲を海に囲ま れた我が国の発展にとって海洋の開発と利用は不可欠であるとし、「活力があ り安全な国土の創造には、環境と調和した海洋利用を可能とする技術開発が 我々に求められている」と指摘、この発表会が会員の技術向上につながること に期待を寄せた。 ※写真上:約90人が参加 ※写真下:発刊された冊子
次いで、本部の21世紀の海洋土木技術調査専門委員会の廣本俊昭委員長が、「環境と調和した海洋開発、クリ ーンエネルギーへの転換が必要な現在、海洋利用への期待は高まってきている」とし、今回発刊した冊子はそ れらの課題を探り、今後望まれる技術をまとめたものであると述べ、「会員だけでなく技術者を目指す若い人 達にも活用してほしい」と挨拶した。 この後、各冊子の編纂にあたった本部の海洋工事委員会メンバーらが、それぞれの内容について解説したほ か、平尾壽雄・本部常任理事が最近の活動状況についての報告を行った。
2006年12月01日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.