日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

大阪労働局、「現場所長『安全宣言』運動」展開

◇◇建設現場の指導強化、死亡災害大幅減少目標に◆◆◇◇ 大阪労働局は、労働災害による死亡者数が2年連続して100人を超え全国ワーストワンとなり、特に建設業に おいて昨年37人の死亡者数で業種別では最多であったことから、2007年度の同局の運営方針における最重点 施策の1つとして、建設業に対して建設現場の指導を強化する。 このため、報告のある大阪府下約4,500現場のできるだけ多くの建設現場に対して、監督指導、個別指導、労 災防止指導員による現場指導を行うほか、建設業労働災害防止協会大阪府支部に対して安全パトロールの強 化を要請している。さらに、現場所長が高い安全意識を持つことにより、そこで働く専門工事業者等の労働 者の安全意識も著しく高まるとの観点から、現場所長自らが労働災害防止のための方針や目標を設定し、そ れを掲示することで現場全体の意識啓発を図ることとし、「現場所長『安全宣言』運動」を展開している。 この運動では具体的に、「○月度安全宣言」を参考に宣言書を作成し「今月私はこうします!」という安全 宣言を行い、現場内の入口や休憩所など作業員の目につきやすい場所に掲示。宣言書には基本方針や重点目 標とともに、現場所長自筆の署名を入れ、作業員全員に同運動への取り組みに対する心構えを示す。 また、行政による現場指導を行った際には、掲示状況を確認し、未掲示の現場については同運動の趣旨を説 明するとともに、宣言書の掲示を指導するとしている。

2007年05月07日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.