日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

UR都市機構、向ヶ丘第1団地ストック再生実証試験に係る共同研究者を公募

都市再生機構西日本支社は、向ヶ丘第1団地ストック再生実証試験に係る共同研究者を公募を近く開始す る。この公募は、機構が進める住棟単位での改修技術開発「ルネッサンス計画」プロジェクトの一環とし て、実在の住棟での技術提案や施工の実証試験を行う共同研究者を民間から広く募集するもので、対象住棟 は大阪府堺市の向ヶ丘第一団地の26号棟(壁式構造・中層階段室型四階建て16戸)、27号棟(前同)、28 号棟(ラーメン構造・中層階段室型五階建て30戸)の3棟。 主な研究テーマは対象住棟三棟のうち、27号棟はスケルトン再構築による付加価値の高い住宅地への再生、 バリアフリーエレベーターの増設、縦配管の外部化・集約化、28号棟はすぐれた屋外環境を活かした低家賃 の環境共生型住宅への再生と上部階減築による耐震性の向上、リユースコンペの成果活用などのテーマ提示 がされる。26号棟については研究テーマについても自由な幅広い提案を募る。 応募者の主な条件は、 ?同機構西日本地区の2007・2008年度一般競争参加資格で建築工事AまたはB等級の認定 ?建築分野でコンクリート構造物の耐震補強、架構工法等の実験施設を有する研究所等を所有し、コンクリ ート構造物等に関する研究員を雇用している ?建築士法(昭和25年法律第202号)第23条に基づく建築士事務所登録を行い、実施設計を行うことが出来る 者、または登録を行った建築士事務所に実施設計を行わせることができる ?過去10年以内に集合住宅リニューアルに関する研究、設計、施工のいずれかの実績を有すること―など。   公募資料を4月上旬から5月に交付し、現場見学会を4月下旬に実施、技術資料を5月上旬、技術提案書を 7月に受け付ける。受け付けた技術提案書を外部有識者と機構で構成する審査委員会が審査し、選定された 共同研究者との協定締結を8月に行う予定。 共同研究者は、機構と住棟改修計画の立案、実施設計、法申請ならびに施工、モニタリング調査などを実施 する。 共同研究に係る内容ならびに既存建物の図面は(http://www.ur-net.go.jp/west/Renaissance/index.html) で閲覧可能。 UR都市機構 http://www.ur-net.go.jp/

2008年03月31日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2017 nikken-times.com All rights reserved.