日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

建物の解体などに伴うアスベスト飛散防止のための条例改正のお知らせ

事前の調査と調査結果の表示が必要になります   アスベスト(石綿)は、耐火・断熱などの目的で、建材として大量に使われたため、建物を解体するとき   などに飛散したアスベストを吸って、15 50年も後に肺がんなどの病気になるおそれがあります。   このため、府では、「生活環境の保全等に関する条例」を改正し、建物の解体などに伴うアスベストの飛   散を防止することとしました。     今回の条例改正によって、建物や工作物の解体・改造・補修をするときには、工事の施工者は、アスベス   トの使用の有無などを事前に調査し、調査結果を見やすい場所に表示することが義務付けられます。ま    た、アスベストが使用されている建物の解体などにあたっては、次のことが必要になります。 ○ 事前に届出をすること     アスベストの飛散性の高いもの(吹付け材など):すべてのもの   アスベストの飛散性の比較的低いもの(スレート板など):一定規模以上のもの ○ 基準を守って作業をすること   アスベストの飛散を防ぐための作業の方法に関する基準   敷地境界における空気中のアスベスト濃度の基準   建物の所有者や解体作業などの施工者の方には、ご理解をお願いします。   府では、アスベスト飛散防止対策の徹底を図ることによって、府民が安心して暮らせるまちづくりをすす   めていきます。   来年1月1日以降、中小企業者の方が、アスベストを含む建築物の解体、除去工事等を行う場合には、「大   阪府中小企業公害防止資金特別融資」が利用できます。   問合せ・届け出先:   下記の地域以外は、府環境管理室事業所指導課   TEL 06(6941)0351   大阪市、堺市、高槻市、東大阪市、豊中市、吹田市、枚方市、八尾市の地域は、各市の環境担当課へ

2005年12月10日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2021 nikken-times.com All rights reserved.