日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

神戸空港は2月16日テイクオフ 開港ムード盛り上がる

神戸空港は2月16日テイクオフ 開港ムード盛り上がる 《連絡橋、新交通システムは2月2日から》 今年2月16日に開港する神戸空港(マリンエア)の開港までの主なスケジュー ルが決定した。空港連絡橋(神戸スカイブリッジ)の供用開始をはじめ、空港 施設の営業が始まるとともに、開港を前にした市民見学会を開催。また、開港 記念式典を2月12日に開催するなど、年明けから“開港ムード”が盛り上がっ ている。
空港施設では、2月2日にポートライナー延伸線の開業と併せ、スカイブリッジが一般道路として供用を開 始。これに伴い神戸空港駐車場が営業を開始する。 空港駐車場は、旅客ターミナルの北側約1万8,000?を整備。南北に出入口を設け、障害者用5台を含め約750 台のスペースを確保したほか、ターミナル敷地東側にも障害者用の屋根付き駐車場8台分と、業務用約60台分 も整備されている。 ポートライナー延伸線は、既存の中公園駅から分岐して空港に至る約5.7?。全線高架構造で4駅を新設。ま たスカイブリッジは橋長1,180m、中央径間160m、復員16.7mの対向2車線で整備。西側にはポートライナーの 橋梁も架けられている。 《記念式典、市民見学会開催》 一方、開港に先立ち、市民へのお披露目として旅客ターミナルビルの市民見学会を2月4、5、11日と3回に わたり開催。時間はいずれも午前10時から午後5時までで、事前の申込は不要としているが、混雑状況により 入場制限を実施する場合があるとしている。 また、当日はポートライナーを利用することとし、ターミナルでは店舗も臨時営業を予定している。 さらに、2月12日には、神戸市並びに兵庫県、神戸商工会議所及び神戸空港ターミナル?の主催により「神戸 空港開港記念式典」が、神戸ポートピアホテルで開催される。出席者は約1,700名を予定。式典後は出席者に よる空港内覧会も行われる。 また、1月にはハイジャック・テロに対する訓練や神戸空港緊急計画連絡協議会を開催。不測の事態に備えた 総合防災訓練も2月に実施される。このほか、ターミナルビルは今月末の完成を目指して整備が進められてい るが、当初3基で計画していた固定搭乗橋を一基増設。来年6月の完成を予定している。 平成11年9月の工事着工以来、約6年の歳月を経て開港を迎える神戸空港。阪神・淡路大震災からの復興のシ ンボルとしての役割はもとより、防災拠点としての機能も期待され、テイクオフへのカウントダウンも“秒読 み”段階に入っていく。
2006年01月01日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.