日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

プロロジス、舞洲に大型物流施設を開発

「プロロジスパーク舞洲?」を開発 3月上旬の着工、10月中の竣工予定 物流施設専門の不動産開発会社プロロジス(日本本社=東京都港区東新橋)は このほど、(株)日立物流専用ビルド・トゥ・スーツ型(オーダーメイド型) 物流施設「プロロジスパーク舞洲?」を大阪市此花区の舞洲に新たに開発する ことを発表した。今年3月上旬の施設着工、10月中の竣工を予定している。
同施設は、プロロジスにとって「プロロジスパーク大阪」(稼働中)、「プロロジスパーク舞洲?」(今年8 月竣工予定)、そして今年1月に起工した「プロロジスパーク大阪?」に次ぐ、大阪市内四棟目の大型物流施 設となるもの。舞洲内では三棟目となる。なお、同施設が加わることで、プロロジスが運営・管理または開発 を進める物流施設は全国で計31施設、総延べ床面積は約179万?となる。日立物流へ専用で賃貸されるプロロ ジスパークとしては3施設目、西日本では初めて。同社が賃貸利用する国内のプロロジスパークは、マルチテ ナント型の2施設を合わせて計5施設となる。 今回の「プロロジスパーク舞洲?」(大阪市此花区北港緑地2−1)は敷地面積2万4,783?で、SRC造地 上六階建て延べ5万6,297?の規模で建設される予定。同施設は日立物流がめざす高品質な物流サービスを実 現するため、プロロジスが、プロロジス加須などで得た経験と国内外で培ってきた物流施設の開発ノウハウ、 そして日立物流のシステム物流のノウハウを融合し、設計される。また、大阪市が推進する舞洲地区まちづく り要綱により、自然との共生や地域の活性化をサポートする施設内容となる。 なお、プロロジスは今回の「プロロジスパーク舞洲?」の隣接地にビルド・トゥ・スーツ型物流施設「プロロ ジスパーク舞洲?」の新規開発を計画しており、現在、利用企業を募集している。
2006年02月08日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2020 nikken-times.com All rights reserved.