日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

清水建設大阪支店、安全文化を醸成し災害絶減へ

清水建設(株)関西事業本部大阪支店(小橋鴻三支店長)は13日、同支店取引 業者災害防止協議会(北浦年一会長)との共催による「2006年度安全衛生推進 大会」を大阪市北区・中之島の大阪市中央公会堂で開催、小橋支店長はじめ協 議会各社代表ら約800人が参加して災害絶滅を誓い合った。 初めに挨拶に立った小橋支店長は、一昨年から継続中の死亡災害ゼロに対し 「日頃の努力の成果だ」と謝辞を述べ、「全員参加による安全優先の風土を作 り上げたい」とし、店社・現場・作業員の三位一体となり、「人間尊重の理念 の下、安全文化を醸成し災害絶滅に取り組みたい」と呼びかけた。 続いて北浦会長が、「現場の中心は職長だが高齢化により減少しつつある」と 指摘、それによる技能の低下などに対して「元請と協力会のコミュニケーショ ンが重要。現場が一体となって取り組んでほしい」と語り、モノづくりの原点 に返り、次世代に引き継ぐことのできる産業なってほしいーと挨拶した。 次いで来賓の大阪労働局の藤井龍一郎・労働基準部長が挨拶。藤井部長は、 「法令遵守を徹底してほしい」としながら、災害ワーストワン返上に向け、 「大阪から安全文化を確立し、心をひとつにして災害ゼロを目指そう」と一層 の努力を要請した。大会ではこのほか、安全表彰や大会宣言、協議会有志によ る労働災害をテーマとした寸劇が行われた。
【写真上:小橋支店長】 【写真下:中央公会堂での大会】
2006年06月20日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2020 nikken-times.com All rights reserved.