日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

中間法人全国建築CAD連盟、建築CAD検定試験

中間法人全国建築CAD連盟(森弘理事長)は「第26回建築CAD検定試験」を10月の毎週日曜日に全国の試 験会場で実施する。願書受付期間は7月26日から8月28日まで。 試験は一般受験と団体受験の二種類がある。建築CAD検定試験には2級・3級があり、2次元の汎用CAD であればどのソフトでも受験できる(4級は高校のみ)。 試験内容は、2級は「建築知識をもとにCADを利用し、与えられた条件のもとで建築一般図を完成させる」 内容。三級は「CADシステムを使用し、建築図面(複数の部分図)の参考図をもとに、各々の完成図を一定 時間内に正しくトレースする」というもの。 慢性的なCADオペレーター不足が言われる中で、全国の教育機関の関係者が「日本の建築CAD教育のあり かた」をテーマに、CAD教育のガイドライン作りの議論を重ねた後、全国レベルでの技能水準の統一化の必 要性が採択され、1993年に資格試験実施団体として同連盟が発足。そして、同年5月に日本初の建築CADに よる資格試験が実施された。また、NTTアイティ社との共同開発により、本格的なインターネット受験も導 入され、webカメラを使用し、自宅でも受験可能となった(一般受験のみ)。 試験を開始してから13年を経て、これまでに全国の同連盟の認定校は220校、全受験者数は3万4,000人、有資 格者数は2万3,500人を数える(建築CAD資格試験ではわが国最大規模)。 同連盟では今後も?建築科を有するすべての学校で、卒業時までのCAD資格取得を制度化していくための活 動の推進(商業学校卒業時での簿記検定取得の例)?資格試験を通じて建築を学ぶ人々の住宅産業への雇用の 促進と、より高品質な住宅建築につながる環境整備ーをめざして啓蒙活動を展開していく考え。

2006年07月25日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2020 nikken-times.com All rights reserved.