日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

鴻池組新社長に玉井啓悦専務、大岩社長は副会長

(株)鴻池組(本社・大阪市)は13日、玉井啓悦・代表取締役専務管理本部長の社長就 任を発表した。30日に開催される株主総会後に正式決定する。大岩祥一社長が取り組ん できた財務体質改善に一定の目途が立ったことによるもので、大岩社長は代表取締役副 会長に就任する。同日、本社で会見した玉井新社長は、「どこに出ても誇れる会社にし たい」と抱負を語った。 今回の社長交代は、2003年10月、グループ再編に伴い同社の社長に就任した大岩社長が 推進してきた3か年の中期経営計画が終了し、最重要課題としていた財務体質の健全化 に目途がついたことから、「後進に道を譲る」ため、10月31日の取締役会で内定したも の。就任にあたり玉井新社長は、「バブル以降の苦しい時代を大岩社長のもと一丸とな って乗り越えてきた。その間、コスト削減などで悪化した環境を今後の3年計画で改善 しながら、どこに出ても誇れる会社にしたい」と抱負を述べた。
また、土木と建築の両部門ともコスト縮減が課題としながら、「それぞれの本分をしっかりを把握してもら い、会社にメリットをもたらしてもらう上でも、現業とは違った場所で全体のバランスを見ていきたい」とし た。 大岩社長は、「役職職員全員で厳しい時代を潜り抜けていこうと3年間やってきた。全員がベクトルをひとつ にすることが出来たと思う」と任期を振り返り、玉井新社長については、「3年間一緒にやってきて気心はよ くわかっている。バランス感覚も優れており、きっとやってくれると確信している」と全幅の信頼を寄せた。 財務体質の健全化については、3年前の連結決算で約1,400億円の有利子負債を3年間で約700億円と半減させ たとし、今後3年間でさらに、300億円までに減らしたいとした。また、新3年計画では、今年度の受注額約 3千億円超の「1割アップを目指す」としている。 玉井啓悦========================================================================================= (たまい・ひろよし新社長の略歴)1968年3月神戸商科大学商経学部卒、同年4月鴻池組入社、1995年1月本 社管理本部財務部長、2000年4月本社管理本部総務部長兼財務部長、同年12月取締役管理本部副本部長、2001 年12月常務取締役管理本部長、同15年10月専務取締役、同2005年11月代表取締役専務。「人事を尽くして天命 を待つ」が座右の銘。趣味は読書にゴルフ、特技はスポーツ全般、高校・大学とバレーボールに打ち込む。神 戸市出身。61歳。 ==================================================================================================
2006年11月14日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2019 nikken-times.com All rights reserved.