日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

南海電鉄の和歌山大学新駅

◇◇◇◆ 4月にも工事着手へ 県・市が来年度予算に計上 ◆◇◇◇ 和歌山県は15日、和歌山市北西地域に計画されている和歌山大学新駅(仮称)の概要を明らかにした。昨年 11月に完了した詳細設計を踏まえて整備方針を検討してきた県、市、和歌山市和歌山大学前駅周辺土地区画 整理組合、南海電鉄の四者間で調整が整ったもので、県と市は2月の議会に関連予算を計上。 今後は事業主体の同土地区画整理組合と南海電鉄で工事協定を締結した上、4月にも着工したい方針。事業費 は約30数円見込んでいる。 新駅の設置に当たっては、昭和59年10月に県、市、和歌山大学が新駅設置を南海電鉄へ要望。平成4年9 月に南海電鉄から請願駅方式を前提として協議をしていきたいとの回答を受け、平成12年8月に同土地区画 整理組合の設立認可を経て、平成17年6月に詳細設計に着手。昨年11月に設計が完了したもの。 位置は和歌山市中地内、南海本線孝子駅と紀ノ川駅のほぼ中間地点。工事区間は約1・2?。別線方式の橋上 駅(相対式プラットホーム175?、自由通路幅員6?)とする。 事業費は、三分の一を同土地区画整理組合が負担。残る三分二のうち45%は国(まちづくり交付金)、5 5%は県と市がそれぞれ半分ずつ補助する。開業は、平成23年度のできるだけ早い時期を予定している。

2007年01月17日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2019 nikken-times.com All rights reserved.