日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

第3回関西みちフォーラム みちが育んだ歴史と文化。そして明日へ

◇◇◇◆ 2月3日 阿倍野区民センターで 参加者募集 ◆◇◇◇   関西のみちのあり方について、各界の有識者らが議論を深める「第三回関西みちフォーラム みちが育んだ 歴史と文化。そして明日へ 」が2月3日、阿倍野区民センター(大阪市阿倍野区阿倍野筋4―19―11 8)で開催され、参加者を募集している。関西みちフォーラム実行委員会の主催。   フォーラムでは、世界遺産登録で注目を集める「街道の魅力」や、大陸との文明文化を伝える役割を果たして きた「みちの歴史」などの観点から。みちが果たしてきた役割や使命について、鼎談やパネルディスカッショ ンにより関西のみちのあり方についてを議論する。   内容は、第1部の鼎談では「大道(みち)の役割ー悠久の時へ想いをはせるー」を、第2部のパネルディスカ ッションでは、「地域・時代(とき)をつなぐみちづくり」を、それぞれテーマに議論を深める。   鼎談では、今と昔のみちの歴史について、関西の魅力向上につながるみち、地域ともりあげるみち、関西活性 化や地域連携などを促すみちづくりを考察。パネル討論では、街道の歴史や復古・再生、交流のみちづくり、 地域をつなぐ道路ネットワークのあり方を考える。   第1部は、直木賞作家の難波利三氏と、国土交通省国土地理院の藤本貴也院長(前近畿地方整備局長)、第2 部は、NPO法人ゴダイの石井聖美理事長、歴史街道推進協議会総合プロデューサーの井戸智樹氏、万葉古代 学研究所の上野誠副所長、サントリー次世代研究所の狭間恵三子課長が出席。1部・2部のコーディネーター は、毎日放送の柏木宏之アナウンサーが務める。   時間は午後1時から4時まで。定員は600名(定員になり次第締切)で参加無料。申込は住所・氏名・年 齢・性別・電話番号を明記の上、ハガキかFAX、メールで。申込・問合せは、〒531ー0074大阪市北 区本庄東2―1―4・3友プロトビル六階?プロシード内「第3回関西みちフォーラム事務局」まで。?06 ―6374―5976、FAX06―6374―5972、メールアドレスmichi@proceedinc.biz なお申込用紙は、実行委員会事務局(大阪府都市整備部交通道路室道路整備課交通計画グループ)のホームペ ージからダウンロード。http://pref.osaka.jp/kotsudoro/index.html)

2007年01月17日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2019 nikken-times.com All rights reserved.