日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

「真の日本のすまい」提案競技、奈良県内の建築物2作品が受賞

大工育成塾主催団体の(財)住宅産業研修財団(松田妙子理事長)が募集していた第4回「真の日本のすま い」提案競技(国土交通省ら後援)で、奈良県内の建築物2作品が文部科学大臣賞と日本建築士会連合会会長 賞を受賞した。 地域の伝統や文化への関心が高まる中、伝統構法を活かした木造住宅の生産体制を再構築し、また我が国の職 人文化・モノづくり文化の再興を担う人材育成が求められている。こうした背景のもと、同提案競技は国土交 通省所管の住宅産業研修財団が主体となって、伝統的な木造住宅の生産を担う大工育成塾の塾生をはじめ、広 く国民に対し、地域に根ざした住まいづくりに関する7つの基本理念とその理念に基づく住まいづくりを広く 普及させることを目的に、2003年度から実施しているもの。 昨年11月20日から12月15日まで募集した応募件数は245件。国土交通大臣賞以下8作品と審査委員会特別賞五 作品が選定され、2月26日に表彰式が行われた。 表彰された奈良県内の建築物2作品は次のとおり。 【文部科学大臣賞】 表題・奈良今井町の家(奈良県橿原市、竣工済200.12?) =応募・杉浦英一さん(東京都) 【日本建築士会連合会会長賞】 表題・森と住まう 自然と共に心豊かに暮らす(奈良県生駒市、竣工済183.64?) =応募・羽木みどりさん(大阪府)

2007年03月16日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2019 nikken-times.com All rights reserved.