日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

大阪府「府営千里佐竹台民活プロジェクト」PFIの特定事業に選定

◇◇◆4月に入札公告◆◇◇ 大阪府では、「府営千里佐竹台住宅(2丁目)民活プロジェクト」をPFIの特定事業に選定した。特定事業 選定に伴う評価の結果、PFI事業では財政負担額の削減が見込まれることから特定事業に選定したもの。事 業は、対象地を二工区に分け府営住宅と民間施設を一体的に整備するもので、4月下旬に入札公告を行い、8 月に総合評価一般競争入札を行い、10月に落札者を決定する。 この事業は、事業用地を2工区に分け、PFI事業者が第1工区に建替住宅と活用用地で民間施設等を一体的 に整備し、第2工区は建替住宅のみの整備を行うもので、建替住宅は、建設後に所有権を大阪府に移転するB T方式。活用用地はPFI事業者が自ら取得して、自らの事業として良質な住宅や地域活性化に寄与する施設 を建設する。 計画では、第1工区で206戸、第2工区で104戸の既存住宅をそれぞれ解体撤去し、新たな建替住宅として第一 工区に285戸、第二工区に220戸を段階的に整備。建替住宅は、1DKから4DKを中心とした10階建て以下と し、複数棟でも可としている。 PFI事業者は、事業計画の策定・調査はじめ、既存住宅解体撤去、建替住宅の設計・建設などの「府営住宅 整備業務」、入居者に対する「入居者移転支援業務」、付帯事業である「用地活用業務」が業務範囲。事業期 間は第二工区への本移転が終了するまでの概ね5年間としている。 府では1月にPFI事業の実施方針を発表した後、特定事業選定にあたっての評価を実施。選定基準では、府 営住宅整備業務と入居者移転支援業務について、府が自ら事業を行う場合とPFI事業で実施した場合につい て、財政面による定量的評価とサービス等についての定性的評価について比較検討を行った。 定量的評価では、直接事業として府の過去の事業例をもとに想定・算出した整備費と、PFI事業者へのヒア リング等により設定した一定割合の縮減が図れるものとして算出した額を比較した結果、府が実施した場合の 指数一〇〇に対してPFIでは93と、財政負担額で7%程度の削減が見込まれた。 また、定性的評価では、設計施工の一括などにより事業の早期実現や維持管理において民間ノウハウの導入が 期待できるとされ、総合評価では「財政負担額の縮減と公共サービス水準の向上が認められる」として特定事 業に選定された。 これにより府では、4月に入札公告、総合評価一般競争入札として8月に書類受付と開札を行い、10月上旬に 落札者を決定する。その後、12月に特定事業契約を締結し、2010年度に第1工区、同2012年度に第2工区の府 営住宅の供用を開始する予定。

2007年03月22日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2019 nikken-times.com All rights reserved.