日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

堺市が入札監視等委員会を設置

◇◇◆ より一層の適正化図る ◆◇◇              外部の有識者で構成する第3者機関    堺市は新年度から、市が発注する建設工事及び工事に関連する委託業務等の入札及び契約に関して、その公平 性及び透明性などあらゆる角度から適正な運用を一層確保するため、市外部の委員で組織する第3者機関「堺 市入札監視等委員会」を設置した。   市の工事入札については、基本的に一般競争入札を実施し、恣意的指名を排除した制度で運用しているが、よ り一層の適正化を図るため「公共工事の入札及び契約の適正化を図るための措置に関する指針(適正化指 針)」の趣旨に沿って、市外部から委員を招請し、入札や契約事務を外部から監視する第3者機関を設置した もの。   同委員会では、既契約案件について、その入札参加資格の設定経緯、落札決定の経過、随意契約の理由、その 他契約事務の執行に関することなどを審議し、契約の公平性及び透明性の観点から改善すべき点があれば市長 に意見具申できる。市長はそれを尊重し、適正化の措置を講じるよう努める。 会議は年2回の定例会(原則公開、傍聴可)を開催する。ただし、審議過程で個人情報等が含まれる案件等 は、その保護の観点から場合により非公開とする。   今回「堺市入札監視等委員会」の委員なったのは、大阪法務局公証人で元神戸地方検察庁検事正の宮下準二 氏、産経新聞大阪本社編集局編集長の徳永正明氏、帝塚山大学現代生活部教授で大阪市立大学名誉教授の北浦 かほる氏の3名。

2007年07月12日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2020 nikken-times.com All rights reserved.