日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

神戸ハーバーランドまちづくりフォーラム

◇◇◆ 世界都市神戸をつくる  安藤忠雄氏×瀬戸本淳氏 ◆◇◇   神戸ハーバーランドの町開き15周年を記念した「神戸ハーバーランドまちづ くりフォーラム」が7月26日、神戸市中央区のハーバーランドスペースシア ターで開催された(主催・ハーバーランド運営協議会)。 フォーラムには、市民ら約560人が参加、建築家の安藤忠雄氏による講演と 神戸市在住の建築家、瀬戸本淳氏との対談が行われ、神戸の潜在能力を活かし たまちづくりや仕掛けによる活性化についてが語り合われた。 フォーラムは午後6時30分から、「世界都市神戸をつくる」をテーマに安藤 氏の講演が行われた。 安藤氏は、まちに人が集まる手法としてビエンナーレを挙げ、「芸術を通して 世界の人々に来てもらうこと」とし、国内外で自ら手掛けた博物館などの建築 を紹介。
神戸の人気スポットである北野・異人館街については、「人は来るがお金を使わない」とし、観光客は京都・ 大阪を巡るため滞在せずに通過するだけとしながらも、「異人館の門や塀は日本の街中にはない雰囲気があ り、これらを上手に利用したまちづくりを考える必要がある」と示唆した。   また、「長生きの秘訣は好奇心。好奇心を受け止めるまちづくりが必要」とし、その一つとして自然との共生 を挙げ、淡路の夢舞台での取り組みや、瀬戸内オリーブ基金、兵庫グリーンネットワーク運動の趣旨を説明。   これらについて安藤氏は、「人は自然環境を破壊できるが造ることもできる」と語り、「神戸では居留地や異 人館街、フラワーロードなど住民が花を育てており、美しい街だと思う」とし、これらをレベルアップさせ、 「美しいものを見たければ神戸へ、となるように市民が自分の問題として捉え、老後も好奇心を受け止められ るまちづくりを」と呼びかけ、講演を締めくくった。   引き続いて、安藤氏と瀬戸本氏が対談。「まづりを神戸から」をテーマに、参加者からの質問を挟みながら語 り合った。この中で安藤氏は、阪神大震災からの早期復興について、「世界に例を見ないもので、神戸の人が まちを好きだからできたこと」とし、世界に誇れることだとした。   瀬戸本氏は、「神戸にも世界中から人がきてほしい。混じりあう文化には神戸がふさわしい」と日本独自のア ートによるビエンナーレの開催を提案。これに対して安藤氏が、「世界の人が好奇心を持てるビエンナーレが 重要」と規模ではなく内容が大事とした。   また安藤氏は、神戸は山と海、海と居留地が繋がっていないとし、「まちが発展しないと仕事の場がなくな る。行政と市民が互いに努力する必要がある」と述べ、「神戸はバラバラ、難しいとは思うがネットワークす るべきだ」と、今後のまちづくりの在り方を指摘した。
2007年08月02日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2021 nikken-times.com All rights reserved.