日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

クローズアップ近畿建設躯体工業協同組合

◇◇◆ 山岡丈人・副理事長 優秀技能工に正当な評価を ◆◇◇ 現状については「今は単に職人不足というだけでなく、優秀な熟練した技能工がいなく なってしまった」と危機感を募らせる。先日行われた「とび技能検定実技試験」を取材し た時の話だ。組合の副理事長であり、また検定委員長も務める。 大阪駅の北ヤードをはじめ堺に進出することが決まったシャープの大型工場などにより 「今年から来年に向けて仕事量は増えるが、その一方で技能工不足は深刻だ」と話す。 特に、若いと歩期に仕事に就いた人たちが20代、40代になって仕事を離れていくケ ースが増えている。結婚して家庭を持った職人が、さあこれからという時に現在の収入 では将来の生活設計が成り立たないからだ。
「彼らの仕事を評価するということは待遇を改善することであり、その一つが安定した生活が確保できる収入 の実現だ」と強調する。仕事に対する誇りも安定した生活があってこそだ。 1級や2級、さらに基幹技能者といった資格を持つ優秀技能工たちを正当に評価することことが今こそ求めら れている。そして「こうした検定を通じて優秀な技能工を一人でも多く世に送るだし、建設現場の第一線を支 える職人のリーダーとして頑張ってほしい」と締めくくった。
2007年08月18日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2019 nikken-times.com All rights reserved.