日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

「BCS受賞作品と大規模現場見学会」の参加者募集

◆建築系大学生らを対象◆ (社)建築業協会関西支部(淺沼健一支部長)では、建築系大学生・教官を対象とした、「第10回BCS賞 受賞作品見学会」を11月8日に、「大規模建築工事見学会」を12月6日に、それぞれ開催、参加者を募集 している。無料。これは、実際の建築物や施工中の建築物を見学してもらうことで、建築を学ぶ上での参考 にしていただくとともに、建築業に対する理解を深めてもらうことを目的としたもの。BCS賞は、同協会 が建築文化の発展に寄与することを目的に毎年、実施している国内でも有数の建築賞で、現場見学と合わ せ、通常では見ることの出来ない貴重な機会となる。 BCS賞受賞作品見学会では、「佐川美術館」(滋賀県守山市)と「平等院ミュージアム鳳翔館」(京都府 宇治市)を、大規模現場見学会では、大阪市中央区で工事が進む「淀屋橋地区際開発事業B棟建設工事」を 訪れる。 佐川美術館は2000年度の受賞作品で、琵琶湖を望む自然に囲まれた中で存在感のある切妻屋根と、「空間」 「光と影」を際立たせる建物。平等院ミュージアム鳳翔館は2002年度受賞作品で、鳳凰堂を中心に庭園と調 和させながら、国内最大のガラスウォールケースを使用するなど、内外に工夫が凝らされている建築物。 淀屋橋地区際開発事業B棟建設工事では、‘「淀屋橋」広がる未来・つながるまち‘をコンセプトに、R C・SRC・S造地下3階地上16階建て、延床面積4万4,625.11?の規模で計画され、風格ある同地区のビ ジネス拠点にふさわしい再開発ビルの現場を見て回る。参加対象は、建築系(電気・設備系も可)の大学生 と教官。BCS賞見学会は9時から17時頃までの予定で定員は45名、現場見学が13時から同16時までで定員 30名。申し込みは電話かメールで。いずれも定員になり次第締切る。 問合せ・申込先は、同支部の森本・長杉まで。電話06-6941-4788。メールbcssato@cap.ocn.ne.jp

2007年10月12日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2020 nikken-times.com All rights reserved.