日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

近畿建設業協同組合 設立50周年記念植樹

 北辻理事長ら発展誓う  近畿建設業協同組合(北辻幾身理事長)では、組合設立50年を記念した記念 植樹を8日、大阪城公園で執り行った。記念植樹には、北辻理事長はじめ来 賓、組合員代表ら約20が出席し、記念碑の除幕式や感謝状の贈呈などが行わ れた。 記念植樹は、大阪城公園内の外堀記念の森で、10時30から行われた。初めに 北辻理事長が、「この地に植樹できることを嬉しく思う」と挨拶。
次いで、大阪市ゆとりとみどり振興局の井上恵・緑化推進部長に目録を手渡した。植樹されたのは、紅白の 木蓮六本。記念碑の除幕式では、北辻理事長と井上部長、来賓の岡野三郎・大阪中小建設業協会会長、前田 満二・大阪土木建築業協同組合理事長、榎並靖博・二十日会会長らが紅白のテープを引くと見守っていた出 席者から拍手が沸き起こった。   植樹終了後の挨拶で北辻理事長は、組合活動にも問題が山積し、組合員の経営環境も悪化しているとしなが ら、「この逆境を乗り越え、組合設立の原点でもある関西、大阪の発展を築いてきた先人達にならい、今後 も先を見据えて努力していく」と、業界発展へさらなる決意を語った。また、大阪市から植樹対する感謝状 が贈呈された。 近畿建設業協同組合は、昭和32(1957年)に組合員35名で設立。以来、地元中小建設業の健全な発展を目指 して組合活動を実施、それら功績に対して、大阪府知事表彰や大阪市長表彰のほか、阪神大震災への義援金 贈呈や中之島公会堂保存・再生事業への寄付などにより感謝状も受賞している。
2007年11月12日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2019 nikken-times.com All rights reserved.