日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

近鉄阿部野橋駅の改良工事に着手 コンコース整備など

 奥村・大林・竹中JV  近畿日本鉄道(株)はこのほど、大阪阿部野橋駅の改良工事に着手した。阿部野橋ターミナルビル整備計画 など、将来に向けて利用客の増加が予想されることから、コンコースなどを整備するもので、工事期間は 2009年6月までを予定している。工事では、ターミナルビルの建設により利用者の増加が見込まれる現在の 西改札口コンコースを同改札口の東側に移設するとともに、ホーム東側の延伸とエスカレーターの増設を行 い、東西改札口の利用者の平準化と駅機能の強化を図ることとした。 西改札口の移設は、1階の西改札口を東側の橿原神宮駅方へ約35m移設するとともに、1階出札室や案内所 等の駅施設、店舗等を整備して利用客の利便性向上を図る。またホームの延伸は、西改札口の移転に伴い、 1から5番線と六番線のホームを橿原神宮駅方へ約28m延伸する。 エスカレーターの増設では、ホーム階と地下コンコース階との上下移動をスムーズにするため、2・3番線 と3・4番線、4・5番線のホームで増設するもの。このほか、西コンコースでの吹き抜け設置と美装化、 中コンコースと東コンコースの駅機能強化などについても計画を進めており、今後、ターミナルビル建設工 事と併せて実施していくとしている。 施工は奥村組・大林組・竹中工務店JV。総事業費は約21億8千万円。阿部野橋ターミナルビル整備計画 は、現在のターミナルビル旧館を、地下五階地上59階建て、延床面積約21万?、高さ約300mの日本一の超高 層複合ビルとなる「タワー館(仮称)」に立て替えるもの。百貨店はじめホテル、オフィス、美術館などで 構成し、平2014年春の完成を目指している。

2008年01月25日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2019 nikken-times.com All rights reserved.