日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

プロロジス、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク座間」開発

 国内最大敷地11万?  プロロジス(日本本社・東京都港区)はこのほど、神奈川県座間市にマルチ テナント型(複数企業向け)物流施設「プロロジスパーク座間」の開発を決 定し、入居企業の募集を開始した。 同施設は、プロロジスパーク座間?、同?の1施設で構成。11万?を2期に 分け開発するもので、同社国内最大の開発案件となる。このうち第1期開発 が?となり、また?については現在計画中。
プロロジスパーク座間?(神奈川県座間市広野台2−4958−6)は、PCプレストレストコンクリート造地 上五階建て、敷地5万9,497?、延べ13万9,212?の規模を有し、40フィートコンテナトレーラーが各階に直 接乗り入れ可能な大型ランプウェイを2基(上り専用、下り専用)、合計約190台分のトラックバース、約 350台分の屋上駐車場を備えているほか、一フロア約2万4,000?の大規模倉庫スペースをゆうし、倉庫内は 入居企業のニーズに合わせ四分割までが可能な設計。 また同社が推進するサステナビリティ(持続可能性)の一環として最新の免震構造を採用し、地震発生時に も荷崩れや保管物の破損を防ぎ、従業員の安全を確保できる。さらに外壁には省エネルギー効果の高い金属 製断熱外壁パネル、地上には緑地を多く設けて環境に配慮した人とモノに優しい施設であるとともに、安全 で働きやすい施設を目指しレストラン、休憩所などのアメニティ施設やIT完備のオフィススペース、防災 システム、24時間対応可能なセキュリティシステムなどを導入する予定。 ?の着工予定は2008年4月。2009年6月の竣工を目指す。この座間?、?が加わることにより、同社が神奈 川県内で開発・所有・運営する物流施設はプロロジスパーク横浜(横浜市鶴見区)など計五施設、全国では 計88施設となる。同社では今後も日本各地の戦略的物流拠点に物流施設を開発・取得・運営する方針。 プロロジス http://www.prologis.co.jp/
2008年01月31日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2019 nikken-times.com All rights reserved.