日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

土壌汚染とリスク管理 日本土地環境学会公開シンポ

 11月15日関西学院大学西宮上ヶ原キャンバス  日本土地環境学会(西埜章会長)は11月15日、2008年度公開シンポジウム「土壌汚染とリスク管理」を開催 する。14時30分から15時。場所は関西学院大学西宮上ヶ原キャンバス(兵庫県西宮市上ヶ原1番地1− 155)。土壌汚染対策法施行から6年目の現在、法改正への検討がされているが、この問題は公害問題という 視点のみならず、土地取引の実務においても多大なる影響を及ぼしている。シンポジウムでは。土壌汚染問 題の中でも不動産の側面を重視し、特に法政策と不動産鑑定評価の視点から現時点での土壌汚染問題とリス ク管理についての課題を検討する。 コーディネーターは小播政男氏(大阪学院大学法学部教授)。報告内・パネリストは次の通り。 ▽土壌緯線と不動産情報 浜島裕美氏(明梅大学不動産学部准教授) ▽不動産取引をめぐるリスク管理 本間勝氏(明梅大学不動産学部専任講師) ▽不動産取引と保険 光成美樹氏(みずほ情報創建(株)環境・資源エネルギー部) ▽土壌汚染と鑑定評価 光岡正史氏(不動産鑑定士・本町不動産鑑定(株)代表取締役) ▽土壌汚染浄化の実例 川上俊介氏((株)アースプレイザル環境コンサルティング部)。 シンポジウム参加費は3千円(同学会員無料)。申込、問い合わせは同学会事務所(FAX03-3296-2777、 Email:info@j-lei.jp)まで。

2008年10月09日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2020 nikken-times.com All rights reserved.