日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

大阪市阿倍野B2地区再開発 特定建築者の該当なし

 D4−1棟再募集へ  大阪市都市整備局では、阿倍野B2地区第2種市街地再開発事業のD4−1棟で特定建築者を募集していた が、「該当者なし」として、最優秀提案者の選定を見送った。10月に応募登録を受け付けたところ、1社か ら応募があり、資格審査を経て応募登録者に決定し、審査委員会で計画条件や工程、施工条件、整備要する 費用等、総合的な観点から審査を実施した。 審査では、提案は、現在の事業計画や管理処分計画に適合した内容となっており「特に問題なし」とされた が、敷地の壌渡希望価格について、経済情勢の急変や建築資材の高騰、住宅市場の低迷を配慮しても「相続 税路線価と比較しても乖離するなど、今回の価格としてはふさわしくないと考えられる」として、今回は最 優秀提案者を選定しないとした。 この事業は、大阪市阿倍野区旭町2−58−70外の敷地面積3,720比江に、RC造地下1階地上27階建て、延床 面積1万8,562?の規模の住宅棟として166戸を整備するもの。 対象となるD4−1棟は、すでに管理処分計画を終えているため、全ての権利は特定建築者が所得すること としている。計画では2009年度の着工、2011年3月工事完成を目指している。事業協力者として、近鉄不動 産、東急不動産、東急建設コンサルテント、東急建設が参加している。 今後については、建築工事費や住宅市場の先行き見通しが立たない中で、しばらくの間状況を見極め「再募 集することが妥当」としている。

2009年01月09日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2019 nikken-times.com All rights reserved.