日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

死亡災害の減少を 建災防大阪の総会

建設業労働災害防止協会大阪府支部(奥村太加典支部長)の「第46回定時総 会」が25日、大阪市内のホテルで開催された。総会には奥村支部長並びに大 阪労働局の桑島靖夫局長、及び府下各分会の代議員ら約70人が出席し、今年 度の事業計画などを決めた。 総会では初めに奥村支部長が挨拶。奥村支部長は、昨年の死亡災害発生件数 が過去最少となったが、全産業における建設業の占める割合は依然として高 く、「減少に向けたさらなる努力が必要だ」とし、支部の活動については本 部の基本方針を踏まえ、大阪労働局と連携しながら、「支部独自の活動を一 層強力に推進し、転落墜落災害をはじめとする死亡災害の大幅な減少を実現 させたい」と決意を述べ、今後の協力を呼びかけた。来賓挨拶では、桑島局 長が、昨年の管内での死亡災害が過去最少となったとしながらも、その要因 では「墜落・転落が43%と最多であり、改正された足場規則の遵守が重要と なってくる」と指摘、具体的な対策を積極的に実施し、快適な職場環境づく りを目指してほしいと要請。 また、「トップが先頭に立った確実な安全管理活動の実践が必要だ」と述 べ、安全衛生マネジメントシステムの導入と実施、安全教育の徹底を訴 え、、「安全大会や安全週間を迎えるにあたり、労働災害防止の重要性を認 識し、安全文化の定着を図ってほしい」と、今後の取り組みに期待を寄せ た。
議案審議では、昨年度の事業と収支決算報告、今年度の事業計画と予算などを承認。今年度の事業計画で は、大阪労働局の「現場所長『安全宣言』運動」や「熱中症予防総合対策」とともに、支部の「ご安全に運 動」「ストップ・ザ・ついらく運動」を引き続き実施する。 また、総会終了後には、大阪労働局の田嶋康男労働基準部安全課長による安全講話「足場規則の改正につい て」が行われ、この中で田嶋課長は、「改正は足場から落ちない、落とさせないことを基本として対策を講 じてほしい」と改正の趣旨を語った。
2009年05月29日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2022 nikken-times.com All rights reserved.