日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

京都市予算案、普通建設事業費は4.1%増

京都市2006年度予算案、総額1兆7,504億7,500万円 《一般会計6,957億円、普通建設事業費965億円》 京都市は13日、総額1兆7,504億7,500万円(前年度比0.3%増)の2006年度当初予算案を公表した。内訳は一 般会計6,957億3,800万円(同0.8%増)、特別会計7,578億9,100万円(同0.3%減)、公営企業会計2,968億 4,600万円(同0.6%減)。一般会計に占める普通建設事業費は965億1,901万1,000円(同4.1%増)、補助事業 は371億6,241万3,000円(同10%増)、単独事業は593億5,659万8,000円(同0.7%増)。予算編成では「歴史 都市・京都の創生」や「環境共生型都市の実現」など6つの分野に重点を置き、建設関係では交通局本庁舎の 移転、市立 音楽高校移転整備でPFI手法の導入、保険・医療・福祉の総合的サービス拠点となる崇仁交流 ゾーン合築施設建設を新たに追加している。部局別の主な事業は次の通り。 【総務局】芸術大学実技棟冷暖房設備整備=1億9,800万円 【環境局】太陽光発電普及促進事業=4,500万円▽南部クリーンセンター第2工場整備=1億7,300万円▽北部 クリーンセンター整備=97億7,940万8千円▽焼却灰溶融施設整備=37億3,391万5千円 【文化市民局】元離宮二条城整備=2億7,044万5千円▽左京区総合庁舎整備=700万円 【産業観光局】京都おこしやす大学(仮称)の開設=2千万円▽宇多野ユースホステル再整備=3億3,500万 円▽大原地区観光農村育成=2,900万円▽林業活性化対策=1,600万円▽第一市場構内地(新千本通)屋根新設 =2億4,000万円 【保険福祉局】北山ふれあいセンター(仮称)整備=8,500万円▽醍醐和光寮再整備基本構想策定調査=100万 円▽知的障害者通所授産施設整備=1,900万円▽久多診療所整備=2,000万円 【都市計画局】京都創世・景観づくり=4,800万円 【建設局】電線類地中化=12億2,302万円▽向日町上鳥羽線(第2久世橋)整備=8億9,700万円▽JR東海 道本線新駅設置関連公共施設整備=20億9,400万円▽阪急京都線(洛西口駅付近)連続立体交差化=6億4,000 万円▽JR山陰本線複線高架化=24億7,400万円▽宝が池公園「新・子供の楽園」整備=2億9,000万円▽天神 川駅(仮称)周辺整備=41億4,724万7,000円▽伏見西部第5地区土地区画整理=14億628万円 【消防局】消防活動総合センター整備=9億8,840万円▽下京消防署整備=1億4,400万円【交通局】東西線二 条 天神川間延伸=104億3,200万円▽交通局本庁舎の移転=1,000万円

2006年02月18日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2019 nikken-times.com All rights reserved.