日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

滋賀県当初予算、総額約7,167億円に

滋賀県2006年度当初予算、総額7,166億9,900万円 一般会計1.1%減の5,050億円 滋賀県はこのほど、総額7,166億9,900万円(前年度比0.4%減)の2006年度当初予算を発表した。内訳は一般 会計5,049億8,000万円(前年度比1.1%減)、特別会計1,816億3,800万円(同1.5%増)、企業会計290億8,100 万円(同14.8%減)。一般会計に占める普通建設事業費は908億6,200万円(同2.4%減)で、このうち単独事 業は386億7,000万円(同9.6%増)と前年度を上回っている。予算に盛り込まれた主な事業は次のとおり。 《警察本部庁舎の本体工事促進など》 【総務部】電子県庁推進事業=7,661万1,000円 【県民文化生活部】地価対策推進=5,105万1,000円(地価調査など)▽地震対策=1億3,047万9,000円(県有 施設耐震診断など) 【土木交通部】建設業者審査契約事務費=9,224万2,000円(経営事項や県工事指名願の審査、格付表の作成、 電子入札システムの整備など)▽鉄道整備促進事業=32億5,661万1,000円(琵琶湖環状線構想の推進、東海道 新幹線新駅の設置促進など)▽単独道路改築事業=30億4,600万円(122か所)▽道路補修=45億9,600万円▽ 道路交通調査=750万円(地域高規格道路調査)▽道路除雪=4億3,000万円▽単独河川改良事業=25億6,400 万円(63カ所)▽みずべ・みらい再生事業=13億1,800万円▽単独港湾整備事業=6,660万円(大規模災害に強 い「みなとづくり」など)▽補助情報基盤緊急整備事業=3,000万円(洪水ハザードマップ作成に対する市町 への補助) ▽補助土木施設災害復旧事業=5億円▽丹生ダム水源地域整備計画事業交付金=2,970万円▽大戸川ダム水源 地域整備計画事業交付金=2億9,303万6,000円▽単独都市計画街路事業=2億8,580万円(6路線)▽単独都 市公園事業=1億4,000万円(3か所)▽県営住宅建設事業=3億7,634万8,000円▽市街地再開発事業補助= 1億450万円▽木造住宅耐震化促進事業=9,495万円(琵琶湖西岸断層帯地帯や東南海・南海地震に備え、個人 住宅の耐震診断および耐震・バリアフリー改修への助成など)▽建築基準法等施行事業=5,185万4,000円(耐 震改修促進計画などの策定業務、応急危険度判定士などの養成業務) 【琵琶湖環境部】琵琶湖総合保全対策=9,771万円▽環境事業公社等事業促進=12億7,906万5,000円(クリー ンセンター滋賀設置事業など)▽公共下水道促進事業=2億5,475万9,000円(市町への補助)▽湖南中部処理 区建設事業=53億1,464万3,000円(日野北幹線北脇工区の管渠築造工事など)▽湖西処理区建設事業=1億 1,927万3,000円(水処理施設改築更新工事など)▽東北部処理区建設事業=63億5,039万1,000円(処理場の耐 震対策、彦根第二幹線河瀬工区の管渠築造工事など)▽高島処理区建設事業=8億1,799万3,000円(増設実施 設計、高島東幹線四津川工区の管渠築造工事など) 【健康福祉部】福祉のまちづくり推進=1億5,989万2,000円(公益的施設などへ整備資金貸し付けなど)▽平 和祈念館(仮称)整備推進事業=2,198万2,000円(資料収集調査の実施)▽民間心身障害児者施設整備費補助 =1億6,375万円▽介護施設等施設整備費補助=10億7,660万円(特別養護老人ホームなど)

2006年02月18日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2021 nikken-times.com All rights reserved.