日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

太陽工業、内装式エアーチューブ採用「マク・クイックシェルター」開発

約60秒で会開設可能、用事育児の現場やイベントに テント建築物(膜面構造物)メーカーの太陽工業(株)(本社・大阪市、能村 光太郎社長)は、内装式エアーチューブを採用した「マク・クイックシェルタ ー」(HAB−442)を開発、1日から試験販売を始めた。また、試験販売に 先立って先月27日、本社ビル敷地内で記者発表会が開かれ、同製品のデモンス トレーションが実施された。 マク・クイックシェルター(HAB−442)は間口4m、奥行き4m、高さ2.5m で、エアビーム径30?、約55?の重さ。シェルター使用時の内圧は1,000から 1,500?Aq。ポリエステルの素材を使った防炎製品。フレームのエアーチュ ーブに内装を装着する二重方式を採り入れることで、大幅なコストダウンに成 功した。電動の専用送風機を使用すれば約60秒で設営できるのも特色。 設営では他に手動エアーポンプを使えば約10分で立ち上がる。このシェルター は緊急、防災、レジャー、遊戯、店舗、作業用など用途利用も様々。シェルタ ー内で催された記者発表会の席上、佐藤昭夫・同社製品企画室室長は、「これ から顧客の反応を見て、用途にあった市場の開拓を図りたい」と述べた。価格 は90万円(手動エアーポンプ付、送風機は別売で10万円)で、初年度の売上目 標は1億円を見込む。他に間口3m、5mのタイプがある。
また発表会前には、建設新聞の取材に対して、佐藤室長は「幼児教育の現場やイベント絡みで市場を展開した い」とコメント。同社広報担当も、「とにかくお客様の反応を見たい。10月には本年度試験販売の目標値も目 途が立つと思う」と話した。 【写真上:電動専用送風機のスイッチON】 【写真下:約60秒で設営可能】
2006年08月07日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2021 nikken-times.com All rights reserved.