日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

京都府が建築士対象に講習会 1月25日と31日

 地震被災建築物応急危険度判定士  京都府は、建築士等の建築技術者を対象とした「地震被災建築物応急危険度判定士講習会」を来年1月25日 と31日に開催する。現在、受講者を募集している。これは、大規模な地震により被災した建築物の余震等に よる倒壊、部材の落下等から生じる2次災害を防止し、住民の安全を確保することを目的とする地震被災建 築物応急危険判定の判定士を養成するためのもの。 講習会は1月25日(金)が京都市北文化会館で、定員400人。募集期間は12月17日から1月11日まで。1月31 日(木)がみやづ歴史の館で、定員50人。募集期間は12月17日から1月18日まで。いづれも応募資格は京都 府内に居住または勤務先のある建築士等。受講料は無料。 講習内容は▽被災建築物応急危険度判定制度について▽被災建築物応急危険度判定基準について▽特別講演 「京都府における地震災害(仮題)。 応募方法は郵送(〒604-0944都市中京区橘町641、京都建設会館別館2階)、FAX(075-255-6077)または Eメール(contact@kyotoーkenchikushikai.jp)で受付機関の社京都府建 築士会まで。問い合わせ等は京都府土木建築部建築指導課建築防災・安全係(電話075-414-5346)または京 都府建築士会(電話075-211-2857)へ。

2007年12月19日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.