日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

建団連と専安連、建設業物故者追弔法要

労災の絶無を誓う (社)大阪府建団連(北浦年一会長)と大阪建設専門業安全協力会連合会(専 安連、渡辺睦翁会長)の共催による「建設業物故者第44回追弔法要」が10月 31日、大阪市中央区の東本願寺難波別院(南御堂)でしめやかに執り行われ た。 ※写真:献花する遺族の代表
14時から始まった追弔法要には遺族をはじめ行政、建設業各団体の関係者ら約220人が出席し、現場の事故や 不慮の病気などで新たに死亡した24人の御霊の冥福を祈るとともに、新たな決意で労働災害の絶無を誓った。 法要ではまず、専安連の渡辺会長が開会挨拶し、物故者の冥福を祈るとともに、今後の災害絶無に向けた努力 を力強いことばで約束。この後、読経が流れる中で遺族代表による献花が行われた。 引き続き、主催者を代表して建団連の北浦会長が挨拶した。この中で北浦会長は、建設現場を支える技能工の 高齢化や若年者が入ってこない現状にふれて「働く人たちの生活の安定と人材育成を図るためには、建設業界 全体で取り組まなければならない」と強調。そして、御霊に対して供養のことばを述べながら「これまで以上 に安全管理体制の充実と強化を図り、労働災害の絶無をめざして、安全で安心して働ける職場環境の実現に努 めたい」と決意を示して挨拶を締めくくった。 また、この後は行政や建設業団体を代表して大田房江・大阪府知事(代読=戸田晴久・住宅まちづくり部 長)、関淳一・大阪市長(同=渋谷康雄・住宅局営繕部長)、新島良夫・大阪労働局長(同=伊藤秀一・労働 基準部安全課長)、淺沼健一・社大阪建設業協会会長・建設業労働災害防止協会大阪府支部長(同=田中宏副 会長・副支部長)の各氏がそれぞれの立場から挨拶し、今後の災害防止を訴えた。  
2006年11月02日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2020 nikken-times.com All rights reserved.