日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

記者の眼 「とび技能検定実技試験」炎天下での試験は限界

 行政は日程の見直し検討を  5日と6日に行われた「とび技能検定実技試験」では、幸い受検者に熱中症にかかる人はいなかったもの の、真夏の炎天下での試験はもはや限界の様相を呈しており、日程を考え直す時期に来ているのではないだ ろうか。2日間とも日中の温度は35度前後まで達した。実際、取材をしているだけで汗が噴き出す。まして やヘルメットを被り、長袖の作業着を着て作業するというのが肉体的にはもちろん精神的にも苦痛に違いな い。この酷暑の下では集中力は長く続かない。技術力の不足ならあきらめもつくが、暑さのために不合格と なるというのでは受検者があまりにもかわいそうだ。 この試験は厚生労働省管轄の国家検定であり、権威あるものそれだけに受検者たちが万全の体制で臨めるよ うにしてあげてほしい。関係者の話によると、とびだけだはなく、この時期に実施している検定も多いとの ことで、簡単に時期は替えられないらしい。 国家検定を受検中に、熱中症で万一のことがあれがどうするのだろう。備えあれば憂いなし。受検者に最適 の条件で試験を受けさせるためにも、行政は試験時期について検討してほしい。

2008年08月19日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2021 nikken-times.com All rights reserved.