日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

MTC、「ミラクルステアーズ」採用の団地再生モデル事業まもなく竣工

◇◇◆住みながら増改築可能なミラクルスリー構法◆◇◇ 住みながら増改築可能なミラクルスリー構法を展開する(株)ミラクルスリー コーポレーション(MTC。吹田市、粉川憲史会長)が開発した同構法の応用 プラン「ミラクルステアーズ」を採用し昨年11月、滋賀県長浜市で着手した築 35年の団地を現行法上の耐震基準を満たした全く新しい建物へと再生する団地 再生のモデル事業が着々と進捗、まもなく竣工を迎えようとしている。設計・ 施工は(株)材信工務店(本社・長浜市)。
従来行われていた箱型の階段室外側にエレベーター塔を設置する方法では、エレベーターの乗降が踊り場のた め、半階分の上り下りが必要だった。この不便さを解消したのがミラクルステアーズで、増築した外部廊下・ 階段と既設階段が水平になるため、玄関からエレベーターまでがバリアフリーとなり車椅子での移動が可能な ほか、エレベーター設置が階段室ごとではなく必要台数のみで良いためコストパフォーマンスにも優れ、共用 廊下の設置で避難経路が充実し安全性が向上することなどがその特徴としてあげられている。 「長浜ミラクルステアーズ」と名づけられた今回のプロジェクトでは、 ?同じ階での横移動ができる共用廊下を増築、避難経路の充実 ?玄関・共用廊下からバリアフリーで繋がるエレベーターを新設 ?屋上を新設して菜園を設置、ヒートアイランド対策にも配慮 ――などを行っている。 今回の施工プロセスは、昨年12月に杭工事、1月に基礎工事、ベースパック設置後、配筋工事、鉄骨製作、2 月に入り鉄骨建方を開始。まず北面東側から着手し、北面の建方完成後に南面の柱を順次建て、両サイドの建 方が完了すると屋上の梁を渡して既設建物をまたぐ形となり鉄骨が上棟。その後北面階段室の外壁を撤去して 外部廊下、エレベーター工事等に着手する。 所在地は滋賀県長浜市八幡東町字矢正寺85-1、RC1部S造五階建て敷地1,793.84?、建築660.75?、延べ 1,938.87?(既設1,808.35?、増築130.52?)、1LDK戸、2LDK26戸、計30戸、最高高さ16.87m。昨 年12月着工、今月末竣工予定。協力業者は(株)アービック(杭工事)、テックル(株)(鉄骨工事)、 (株)関西電業社(電気設備工事)。 なお、同プロジェクトは団地再生モデルの先駆けとして位置づけるため、従前は社宅として使用されていた築 35年の建物をMTCが買い取り、進めている事業。竣工後は賃貸住宅とし、入居者募集を既に開始している。 同社では今後、同プロジェクトをモデルとし、同様の階段室型団地でストック&リノベーションを進めたいと している。施工中に数回行われている現地見学会には、官公庁やマンション管理者、施工業者ら多数が参加、 同社が推進する団地再生プロジェクトへの注目が高まっている。
2007年03月05日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2020 nikken-times.com All rights reserved.