日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► 建設・建築・電子入札・用語辞典
用語索引 〔あ〕 〔い〕 〔う〕 〔え〕 〔お〕 〔か〕 〔き〕 〔く〕 〔け〕 〔こ〕 〔さ〕 〔し〕 〔す〕 〔せ〕 〔そ〕 〔た〕 〔ち〕 〔つ〕 〔て〕 〔と〕 〔な〕 〔に〕 〔ぬ〕 〔ね〕 〔の〕 〔は〕 〔ひ〕 〔ふ〕 〔へ〕 〔ほ〕 〔ま〕 〔み〕 〔む〕 〔め〕 〔も〕 〔や〕 〔ゆ〕 〔よ〕 〔ら〕 〔り〕 〔る〕 〔れ〕 〔ろ〕 〔わ〕
▌建設・建築・電子入札・用語辞典
 用語索引 の建設・建築・電子入札・用語辞典検索結果件数:37件中 1 - 10件目
輪中堤   わじゅうてい
ある特定の区域を洪水の氾濫から守るために、その周囲を囲むようにつくられた 堤防です。輪中堤は江戸時代につくられたものが多く、木曽三川(木曽川,長良 川,揖斐川)の下流の濃尾平野の輪中が有名です。
割肌   わりはだ
ジョリパット系の材料と大きめの骨材を配合して、切り出した石材をイメージし たパターン付けを行う仕上げ方法の事。切り出した石材そのものを指す場合もあ る。
笑う   わらう
目地、面、壁面等が真っ直ぐ通っていない事を指す。
割印   わりいん
互いに関連する数個の別個な書類がある場合に、そのことを証するために両書類 にまたがって一つの印を押すことをいう。 契印・割印は混同して用いられることある。 収入印紙に消印をすることを割印ということもあるが正式には消印である。
ワイドスペース発破   わいどすぺーすはっぱ
発破による爆砕の塊形を小さくする発破法。爆砕塊の大きさは最小抵抗線の長さ に正比例するといわれているので、最小抵抗線を短く取ってその分だけ孔間隔を 長くしようとする考え方に基づく。
和形瓦   わがたかわら
日本瓦として伝統的に使われてきた瓦をJIS規格で和形瓦と呼ぶことにしてい る。瓦にはこのほか本葺き形、S形、スパニッシュ形、フランス形あるいは、こ れらの改良したもの、さらに新しく開発された形の瓦もあるが、JISで定めら れているのは、和形とS形の二つである。
ワニス   わにす
クリアー(透明)の合成樹脂ビヒクルのことです。ニスとはまったく違う塗料用 樹脂のことです。
ワイピングステイン   わいぴんぐすていん
素地に塗り、表面に残ったステインを拭き取る着色法のことです。または、ステ インのことです。
ワインディングパイプ   わいんでぃんぐぱいぷ
鋼製の箱抜。
ワンウエイシステム   わんうぇいしすてむ
物を生産→流通→消費→廃棄→処理→処分の一方方向の流れのままで使ってしま うこと。リサイクルシステムの反対。
総ページ数[4]     次の検索結果▶
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2017 nikken-times.com All rights reserved.