日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

大阪府、設計ミスを追加工事で変更

◇◇◆16年度発注の防潮堤撤去工事で◆◇◇ 大阪府はこのほど、2004年度に発注した工事で、設計ミスが判明しながら設計変更を行わず、他の工事を付け 加えて入札価格のつじつま合わせをしていたとして現在、調査を進めている。この工事は、企業局発注の「南 大阪湾岸防潮堤撤去工事その19(南地区)」で、先頃、外部からの情報提供があったもの。 指摘を受け府では、当時の担当課長に事情聴取を行い、「積算ミスがあった」との回答があったことから、当 時の設計担当技師はじめ、関係者らに対する事情聴取を進めているもの。工事は、2004年10月に2億265万円 (税込み)で単独企業が落札したが、契約後1か月を経た同11月に、請負業者の指摘により積算ミスが判明し た。 これは、防潮堤の切断面積の数量集計で全体90ブロックのうち一ブロック9.93?を993?と誤って計上したこ とから、全体1,373?を2,356?に取り違え、これにより違差額は約6千万円となった。 この積算ミスに対して、担当していた課長補佐は、当初、大型ブレーカーによる取壊しを自らの判断で、ワイ ヤーソーイング工法に変更するとともに、粉砕・再利用を基本としていたコンクリート殻を有料の残塊処分と する設計変更を行い、2005年1月21日に変更契約を行った。 さらに同3月25日には、工事の支障となる水道管等の移設を変更追加し、2回目の設計変更として2億725万 1,100円で変更契約するとともに、併せて工期を10日間延長したもの。 これらのことから府では、当時関係した職員全員から事情聴取を行うなど、事実関係を調査しており、調査終 了次第、今後の対応と併せ公表するとしている。なお、設計変更した工事内容には問題はなかったとしてい る。

2007年02月13日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2020 nikken-times.com All rights reserved.